「米・麹・発酵」をテーマに、魚沼の食と文化を伝えます。

千年こうじやオンラインショップ TOP > 米、惣菜 > かぐら辛っ子

かぐら辛っ子
かぐら辛っ子
かぐら辛っ子

魚沼地元特産の辛味調味料かぐら辛っ子

商品番号 51523

販売価格594円(税込)

[6ポイント進呈 ]

通常配送(常温)  
  • 最短でのお届けをご希望の際はご指定されませんようお願いします。
内容量 80g
原材料名 かぐら南蛮(魚沼産)、天日塩、米麹
保存方法 冷暗所
商品についてのお問い合わせ

魚沼地方、地元特産のご当地野菜「神楽南蛮(かぐらなんばん)」

魚沼地方、地元特産のご当地野菜「神楽南蛮」(かぐらなんばん)
辛味野菜というと、一般的には長細い形をした唐辛子を思い浮かべるかと思いますが、かぐらなんばんは、よりピーマンやパプリカに近い品種です。
長細くなくゴロゴロとした形と、"しわ"が深く、神楽の獅子に似ていることから、いつしかかぐらなんばんと呼ばれるようになりました。 特にこの地方のものは、皮が柔らかく、実が厚く、唐辛子の辛味とは一線を画すマイルドな辛さが特徴です。

2年半以上の熟成を経て完成する魚沼かぐら辛っこの製造工程

週に2度、契約農家のみなさんのもとへ神楽なんばんを集荷しに行きます。
ひとつずつ、丁寧に洗った後で大まかに割り、種と不要部分を取り除きます。
細かく刻んだ後で塩と合わせ、よく混ぜ合わせます。

塩とよく混ぜ合わせた かぐらなんばんを網袋に入れ、一晩重しをのせて余計な水をしぼりだします。
しぼったものを取り出し、辛っ子貯蔵蔵の専用桶に入れ替え貯蔵します。
一定期間の貯蔵後、今度は麹を入れ、「かい」をつかって丹念にまぜ合わせます。この作業がなかなかの重労働!
さらに2年半以上の熟成を経てから検査の上、瓶詰め。そしてお客様のもとへお届けとなります 。

食べ方様々! レシピいろいろ!

肉料理や漬け物に添えたり、料理の隠し味にもオススメ!まろやかな辛さと麹がおりなす、奥深い味わいが食欲をそそります。
炊きたてのご飯にちょっぴり載せて頂くも良し、浅漬けに添えたり、鍋物、そば・うどん・ラーメン等麺類、などなど... 書ききれませんが、各種料理の薬味としてもご利用いただける、いろんな料理のお供にもオススメの伝統調味料です。