「米・麹・発酵」をテーマに、魚沼の食と文化を伝えます。

千年こうじやオンラインショップ TOP > 麹、塩こうじ、酒粕 > 麹

麹
麹

八海山の蔵出し生麹

商品番号 51241

販売価格720円(税込)

[7ポイント進呈 ]

クール便(冷蔵)  
クール便でお届けします
内容量 300g
原材料名 米(国産)
保存方法 要冷蔵10℃以下
商品についてのお問い合わせ

麹菌の生え方

酒蔵の麹の最大の特徴は麹菌の菌糸の生え方です。
蒸した米に麹菌が生えることを、「破精る(はぜる)」といいますが、破精にはいろいろな種類があります。ヌリ破精麹と言われる、米の表面だけに菌糸が生えた状態のもの、総破精麹と言われる、米全体に菌糸が生え、表面も内部も菌糸で覆われて いるもの、そして突破精麹 (つきはぜこうじ)と言われる、米の所々に菌糸が生え、内部にも深く食い込んでいるものがあります。
千年こうじやの麹は、八海山蔵出しの突破精麹です。

酒蔵の麹

雑味がなくスッキリ!

酒蔵の麹用の米は精米します。これは米の表面にある雑味となる
成分を取り除くためで、八海山は普通酒でも精米歩合60%です。
精米歩合の低い米で造った麹ほど、雑味がなくスッキリとした味に
なります。

自然な甘み!

麹の酵素の中でも代表的なのがデンプンをブドウ糖に分解する
アミラーゼと、タンパク質をアミノ酸に分解するプロテアーゼ。
酒蔵の麹には一般的に特にアミラーゼの力が強いと言われています
ブドウ糖を生成し甘みが増しますが、砂糖とは違って自然な甘みです


素材を活かした料理に!

突破精麹は米の表面全体を菌糸が覆うわけではなく、米の部分が
所々残ったまだらな状態です。麹菌自体は控えめな増殖なので、
カビ臭さがなく、浅漬けなど、麹の味が比較的ダイレクトに出る
料理で違いがハッキリわかります。

甘麹の作り方

【材料】
生麹         300g
お湯(60?70℃)  400cc

【作り方】
1) 生麹を常温に戻し、炊飯器を温めておきます。
2) 炊飯器に生麹を良くほぐしながら入れ、お湯を加え、よく混ぜます。
3) 炊飯器の保温機能を使って保温し、時々かき混ぜながら50?60℃で一晩保温します。

【ポイント】
麹菌は60℃以上になると死滅してしまうため、温度に注意。
炊飯器のふたを開け、布巾をかけたりしながら、温度を調節すると◎。

【お砂糖の代わりに料理にプラス】
フレンチトーストに・・・
焼くときの香りがとってもよく、ふんわり焼けるのでおすすめ。
麹の香りが苦手な方でも美味しく食べられます。
ヨーグルトに・・・
お砂糖代わりにトッピング。
ヨーグルトとの相乗効果で整腸作用が期待できます!
卵焼きに・・・
ふんわり優しい甘さがこどもたちのお気に入りに。
冷めても美味しいので、お弁当にも。